SSブログ
前の10件 | -

肥満細胞腫の逆襲。【肥満細胞腫再発/その2】 [肥満細胞腫]

ステロイドを投与しながら、毎週チェックに通院。

2週目すっかり小さくなり、医師もこのくらいになれば全摘は無理でも90%程度は取れるかも。ただ、外科手術にせよ放射線治療にせよ、スナッチ14歳4か月、体への負荷はなるべく避けたい、内臓や他の部位への転移は今のところ見られないし、前回の肥満細胞腫の病理結果はそれほど悪性腫瘍ではなかったこともあり、このまま治ってくれないかと淡い期待と、ステロイド投与だけで抑えが効いたのでちょっと油断してしまい。

そのまま、ステロイド投与だけでしばらく様子を見ていると1か月を過ぎた頃、肥満細胞腫が反撃を始めた。


前回腫れていた以上に腫れてしまい。


2018年5月24日
放射線治療の予約を入れ日大藤沢へ。


↓猫や犬の癌に放射線治療が受けられる全国の動物病院まとめ!
https://uruurumi.com/2016/12/15/houshasen-clinick/

(無断リンクごめんなさい)


放射線科の診断を受けたが結局、腫瘍が大きいのと、まだ体調が悪くなっていないことから、放射線を当てる前に、外科手術で腫瘍を除去できるだけ除去してから放射線治療した方が良いだろう。ただ、日大の方では外科医が学会に参加中で2週間後以降でないと戻ってこないらしい。

診察後、そのままホームドクターへ駆け込み、最短で出来る外科手術日を設定してもらった。


2018年5月30日
取れるだけ、取る手術を決行。

取れるだけ取って、検体検査へ出し、数日後聞かされた結果は最悪のグレード3
分子標的薬も効果が期待できない陰性。

ステロイドが効いてホッとしていたところから、一気に末期ガン患者に一変してしまった。最悪なことに、手術は一番腫れている時に施術したこともあり、術後の経過も芳しくなく、手術痕も膿が出てなかなか治らない。


(患部の写真もアップしてあるので観閲にはご注意ください。)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

肥満細胞腫が再発してしまった。【肥満細胞腫再発/その1】 [肥満細胞腫]

去年(2018)の3月ごろ、肥満細胞腫が再発し、手術やいろいろな治療を続けてきて、現在医師にサジを投げられ(体力的にも治療方法が残っていないため)今日明日中に死んでもおかしくない状態ですっと言われそれなら最後は家で…っと、家に帰ってから2週間を過ぎ(17日目)、アップダウンを繰り返しながらも一昨日までは、元気そうにしている時間もあったが、今現在は、歩行もままならない状態で一日中ほぼ寝ている。


記録の為にブログに残しておこうとも思っていたのだが、なかなか書く気になれず放置していたが、これから、肥満細胞腫の治療を始める人に少しでも参考になればと思い、1年弱の肥満細胞腫との戦いの記録、治療と経過、スナッチの頑張りを記録しておこうと思う。



2018年3月末頃、
元々、排便障害まではいかないが、便が出にくいのかすごく気張って得る傾向はあったのだが、なんとなく肛門が腫れぼったいな〜っとは思っていた。
犬も、痔になるのか?っとか勝手に思っていた。
実はバレの2度目(今度は右目)白内障の手術を3月の2週目に終え、
今回は早期に施術したためか、術後良好でホッとしていたところだった。
(患部の写真等、気持ちが悪い写真もあるので観閲にはご注意お願いします。)

患部写真等も掲載。ご注意ください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

バレの白内障、スナッチのコブ、そしてその後 [白内障]

忙しくなったのと、macと相性が悪いのかブログアップするのに
なんだかスムーズにいかないので放置してしまっていた(苦笑。
気がつけば新年になっているし…。
IMG_7336.jpg

現状ほぼ完治ってバレの目はほぼ完治って感じで、月一の定期健診状態。
スナッチのコブは、肥満細胞腫を切除した経緯と年齢的なこともあり、
血液はもちろん、レントゲン、心電図にエコー等、人間ドッグ並の検査をし、
結果、良性でそのまま放置ってことに落ち着いたのだが、
検査費も人間ドッグ並にかかった(涙。
まあ、なんでもなかったので良かったが(苦笑。

ただ、寒いからか背中丸めて歩くな?っと春先から思っていたのだが、
背骨の軟骨が一箇所欠落していて、すでに其処がひっつき曲がっていたのだった(大汗。


バレの白内障の術後の経過だが、


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

術前検査、そしてまた、スナッチが [白内障]

初めに行った、病院へ術前検査(麻酔前全身スクリーニング検査)へ行ってきた。
結果は良好、何も問題は見つからなかった。
心電図か、心臓エコーっと選択の部分もあったので、検査費用は2万4千円程。

そして、網膜電図検査(検査費用は2万9千円程)も問題も見つからず終了し、
いよいよ、来週月曜日の手術に挑むことになった。
IMG_6754.jpg
(バレの術前検査を待つ間に根岸森林公園で散歩)

成功率が90%(結構高いと思うのだが)ってこともあり病院側のリスク回避の為か、
万が一、いやいや10%から始まるいろんなリスクの説明。
はっきり言って、上手くいかない場合こんな自体も考えられますという、
ネガティブなケースの説明、処置方法、手術、入院の説明に、
ちゃんと向き合って聞き、不明、疑問点は確認しながら30分程度説明を聞かされた。
そんな事は起こらず、無事何事もなかったかの様に、早く過ぎ去って欲しい時間。

こんな小さい体で、飼い主も体験した事のない手術。

↓これと同じ手術らしい
(気持ちの良い動画ではないので見るのはご注意を)

頑張れ!バレ!
入院期間は3〜4泊。
バレは、仕事場が別の場所だった時から、ずっと連れまわしていた為、
飼い主(相方も含め)から、離れた事が無い。
しかも、僕がトイレに入るとドアの前で張り付いていたりする、ちょっと分離不安気味なところがある。

術後の入院生活が一番心配だったりする。
飼い主も太陽のように明るいバレの屈託の無い笑顔が、数日見れ無いと思うと寂しくってしょうがない。

全て、あっと言う間に過ぎ去って欲しい。

無事を祈って、バレの為にお守りを買った。
IMG_6779.jpg

そしたら、スナッチの分は?って。
スナッチはスナッチで、なんだかバレばかり病院へ行くので、負け無いように頑張ったのか…。
足に、コブを作っていた(大汗。
IMG_6724.jpg

場所と触った感じから、肥満細胞腫では無いと直感で感じたが、
自己判断では仕方が無いので、病院へ。
気がついたのは昨日、ここ2〜3日で出来たのではないかとの飼い主の主張に、
先生は、検査後急に出来たにしたら、炎症が治まっているとの疑いの眼差し…。
肥満細胞腫では無いようで、取り敢えず、抗生剤を飲んでコブの成長・治癒を見守ろうという事になり、
面倒な事に、スナッチもしばらく通院する事に(苦笑。
まあ、命に関わら無いので幾分気楽ではあるのだが…、今このタイミングでなくても…。

先生の指摘に写メを振り返って確認してみたら、
IMG_6410.jpgIMG_6492.jpg
9月11日の時点ではコブは無し(もしくは小さい)だが→9月23日の写真でしっかりコブになっていた(大汗。
ちょうど、バレの目に気づき眼科検診の予約を入れ、白内障等をいろいろネットで調べていた頃で、
すっかりスナッチノーマークだったのかも…。
IMG_6698.jpg
お前ら、頑張って良くなるんだよ!



nice!(1)  コメント(0) 

診察へ行ってきた [白内障]

白内障の手術の必要があることを宣告され、正直動揺していたが…。

FullSizeRender.jpg
(上がバレ。下がスナッチ。)


ディクスやボール投げ、(飼い主の都合で行けて無いが)アジリティや、体を動かすことが大好きな
バレの生きる時間を考え、(全身麻酔の拒否反応を除けば)命には関係無い手術だし…、
施術するなら早い方が良いのではと…。

今日、漸く予約の日が来たので、通院時間、病院自体、そして先生の雰囲気を見るべく診察へ行ってきた。
眼科の専門医なので、待合室で並んだ犬たちは目が真っ白な犬が多い、
そして、目だけでなく高齢で体型の崩れた(失礼します)犬が多い。

少し白内障が進行しつつあるスナッチですら、若手でまだピチピチな感じに見える。

想像だがエリザベスカラーをつけている犬は術後で、
目が白いだけの犬は緑内障へ発展し無いように治療しているのかなぁっと、
話もすることも無いが勝手に想像しながら、予約の隙間に入るべく順番を待った。

専門医だからか、すごく混んでいる(東京の方はもっと混んでいるという話をネットで見かけいた)、
休日なのもあったのかもしれないが…正直想像以上だった。
IMG_6630.JPG
(付き添いのスナッチ)

やっと、順番が来て診察とはいえ、この前眼科の専門医の診察内容とあまり変わらないが、
機材がこちらの方が良いのか、エコーの診断図と濁り具合の判定ように若干わかりやすい画像が見られた。

院長は忙しそうで、助手の先生から今後の治療の方法と手術の場合のリスク等の説明を聞いいた。
朝早かったので、眠さもあったのだが、この前眼科の専門医からの衝撃的な説明を聞かされていたので、
白内障についての話から始まり(意識していなかったが大あくびをしていたらしく後で相方に怒られた)、
医者の話を遮ってもと、ネットで調べ、youtubeで見た施術方の話を聞き、自分なりに調べた事、
この前の病院での言われた話との違い、疑問、質問を投げかけなげかけてみた。

細かい内容は書いても、それぞれ違うだろうから省略するが、
手術の成功率は90〜95%、手術自体より術後のケアが大変な事、
また、手術により返って緑内障、網膜剥離へ発展してしまうリスクもある事、
手術しないと命に関わる事ではないので、積極的に手術を勧めていない事を説明された。

5〜10%もリスクがあるといえば有るが、なんだか、専門医手慣れているなって感じを受けた。
東京の病院も見てからどちらにするか決めたいとか言っていた相方も、
院長先生の忙しさを若干心配していたが、もし施術するならスケジュールは?っと切り出した
僕の話を止めなかったので、まあ、それなりに納得しているのかなっと思いつつ、
手術と術前検査の日程を決めて、東京の方へ行かずこの病院での手術、治療を決めた。
因みに今月末の施術の予約を入れられた。


下世話な話ですが、心配で同様の気分でネットサーフィンしている飼い主様の為に
今後の治療スケジュールと支払った治療費、かかる推定費用も入れておきます
(地域差が有るらしいのであくまでも東京、横浜の病院での費用です)。

眼科専門医(東京の動物総合病院の眼科診療)
初診料を含む検査、診察料、目薬含む(ジクロード)(約2万円)
今回の眼科専門病院
初診料を含む検査、診察料、目薬含む(ジクロード、ヒヤルロン)(約2万円)
●(今後の)施術までの治療スケジュールと概算診療費
専門医で内科検診が実施できないので、初めに行った病院での
◆麻酔前全身スクリーニング検査(約3万円)
(東京の動物総合病院)
◆網膜電図検査(約3万円)
(横浜の眼科専門医)
手術・入院費用《左目のみの施術》(約35万円)
術後の通院



IMG_6635.JPG
(何か居る?)
IMG_6636.JPG
(とりあえず覗く奴ら)

病院帰りに横浜の某公園でちょろっと散歩。

無事、問題もなく順調に進んで早く過ぎ去って欲しい。

また、経過更新します。





















nice!(2)  コメント(0) 

久々の更新、大変だ!バレの左目 [白内障]

FB、インスタ、LINE、それにfimo(釣りのSNS)自身すっかり、blogを見にいくことも無くなった。

だけど、同じ不安を持つ誰かの気休めになれば…っと、
スナッチの肥満細胞腫の手術の過程を伝えようと久々のブログの更新、
思いの外、順調に事が進み、無事回復なので大して内容はなかった。

安心仕切っていたところに、今度は、バレ。
6歳10ヶ月前にして、まさかの成熟白内障の宣告。

8月も終わりそうなある日、ふと、バレの左目がスナッチよりも白く濁っている事に気がついた。
IMG_6366b.jpg
不安になり、スナッチの白内障がこれから進んでいきそうな12歳の目と比較、
左目だけだし年齢的に核硬化症では無いか?
いやきっとそうだ、物にぶつかったり日常生活で変調も感じられない。

ふと、フリスビーで遊んでいる時、なんだろ〜こいつ左に落ちるディスクはうまく取れないな…。
そもそも、右投げのディスク、左にふらっと落ちるのは投げミス
もしくは、風に煽られたイレギュラーな動き。
思い込みかな、右に振り返っていてそのままポール等にぶつかる事もよくあったが、
バレって一つの事に集中すると他が見えなくなるってか、気になら無くなるというか、
すごく集中力が高いと言えば高いし、なんか一つの事しか考えられない不憫な子。

いつからなんだろ?この白濁した左目。

iPhoneに入っている写真を検証してみたら、今年の5月頃にはなんだか怪しい感じの左目。
でも、ここまで白濁していなかったと思う、
きっと違和感を感じるほど白くなってきたのは最近な気がする。
スナッチが手術した病院は、月曜だけ眼科検診があるので電話し10日後位の予約が取れた。

また、心配性な飼い主さんだね、大げさに…って感じを願っていたのだが、
なんだか深刻な感じの説明、
左目、成熟白内障で、右目も白内障になる可能性がある兆候がみられるらしい。
現状、左目はあまり見えていないのでは無いか、
6歳10ヶ月今後の生活の事を考えると早めの手術を考えたほうが良いのでは…との事で、
眼科専門病院での手術を前提に詳しい再検査
→麻酔の耐性チェック
→水晶体を抜き取り、人工の水晶体を入れる手術
→成熟(4段階のレベル3)白内障まで進んでいるので術後合併症のリスク有り
って事を説明されたのだが、全然受け入れられない飼い主。

1日じっくり考え、命には別状はないのだが、飼い主自身が経験した事も無い
なんだか頭がついていか無い感じの手術。
眼科の専門医とはいえ、100%成功が約束される手術では無いらしく、
信頼のおけるところで施術した方が良いと思うっと東京ではここ、
そこにいた先生が独立開業した病院が横浜に、このどちらかが安心だと思うだけど100%では無い。

予約を取るのも憂鬱なのだが、手術するし無いに関わらず、早めの診察を勧められていたので、
横浜の病院へ電話し、また2週間先で(予約の間に入れてもらう形で)
なるべく早い時期の診察予約が取れた。

これから、バレの白内障との戦いが始まる。
また、スナッチの時のように大して困難もなく、
無事何事もなかったように過ぎ去っていく事を今は祈るばかり。









nice!(1)  コメント(0) 

抜糸が延期? [肥満細胞腫]

概ね順調に回復しているスナッチ。
写真 1.JPG
先週の土曜日に抜糸の予定だったのだが、
まっ、遅らせる分には問題ないので…ってことで、
抜糸はされず、瘡蓋だけ剥かれて帰ってきたのだった。

傷の治りが少し悪いのかな?
まあ、念のためって感じで説明された。
写真 2 のコピー 2.JPG
今日現在の傷の具合はこんな感じ。
瘡蓋を取られてから、新たに出来る様子も無く今週末には予定通り抜糸できるかな。

本人は至って元気で、まだ、走ったり、ボール投げや
ちょい投げディスクなどはさせていないが、ほぼ、日常を取り戻しつつある。

もともと腫瘍により体調を崩していた訳ではないので、
あとは手術傷が順調に治りさえすれば問題ない筈。
写真 3.JPG
態々遠くに出かけたりはしなかったが、先週末には近所で少し長めの花見散歩にも一緒に行った。

今回の騒ぎも、後もう少しで終わるかな。だけど、もうしばらく走ったりするのは自粛だね。

傷を気にして舐めるようなら…っと、病院から借りてきたエリザベスカラー。
舐めたら駄目だよ!って言い聞かせたら、特に気にする様子もなく使う事もなかったスナッチ。
写真 2 のコピー 3.JPG
バレさんは今後の為に練習(爆。
写真 3 のコピー 2.JPG
凹んで動かない(笑。
写真 1 のコピー 3.JPG
困ってます(苦笑。


それと、あまり変化がないのでアップしてなかったけど

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

1週間と1日目 [肥満細胞腫]

要するに術後8日目。

写真 5.JPG
昨日から、近所の桜も一斉に咲き始めた。
今日は、朝から大雨&爆風な、春の嵐の日曜日。

痛い思いをしたのか、ソファーに飛び乗ってくるものの降りる時は
躊躇しているスナッチ(多分もうそれほど痛くない筈だと思うが…)。
写真 1.JPG
(ピントが…)
バレと大きく違い、一度痛い思いをすると用心深くなるスナッチ。
無理をしないのである意味安心なのだが、神経質すぎて面倒な部分でもある。

傷口以上に中で回復が進んでいるのか、運動不足でストレス一杯な感じのスナッチ。
ブーブー、ブータレているのだが、あんたに付合って運動不足なのはバレさんの方で。

今日はバレさんのガス抜きにっと思っていたが、春の嵐。
まあ、家の中では遊ぶ習慣の無いバレさん大人しくしていてくれるので助かるが、
たぶん、ストレス溜まってきているので、何かきっかけがあると争いが勃発しそうな2匹。
写真 2.JPG
(これもピントが…)
明日、宅急便とかバイク便とかが来たら、やばそうだな…。

順調に回復しているのは何よりなのだが、
痛そうに大人しくしていたスナッチの方が面倒じゃなかったなって(苦笑。

昨日の病院チェックで抜糸まで、問題なければ通院しなくて良くなった。

で、今日の傷口チェック(だいぶ見慣れてきたのもあるけど瘡蓋が…)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

順調だと思う [肥満細胞腫]

術後7日目。

昨日とは、さほど違いも無い。
テーピングを外され、気にして舐め回さないか、
バレが寄ってって舐めないかも心配だったが。

いまのところ、大丈夫だ。
写真 4.JPG
スナッチ、その T-シャツ似合ってないね(笑。

両肩にタスキがけにされていたテーピングが外れ動き易いのか、
1日1日人間とは比べ物にならないスピードで回復している為か、
随分、余裕が出て来た気がする、玄関からサンダル銜えて来て遊べって要求したり、
おしっこ出しに外に出ると、あっちに行きたいねんって感じで、
引っ張って意思表示する様になって来た。

もちろん、まだ、通常の散歩時の様には歩かせてはいない。

スナッチの事情に付合わされ、短い距離で戻って来ても、不満顔しないバレ。
単独で散歩に行くより、スナッチと一緒の方が楽しそうにしている。

自分は貰えない食後の薬(あたりまえだが)、スナッチばっかり…って
感じで剥れていたが、なんとなく状況を理解してきている模様。
写真 5.JPG

そして今日の傷口チェック(見たくない人はここまで)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

術後5日目 [肥満細胞腫]

結局、ガーゼの汚れが気になると相方が騒ぐので、
今日の診察を待たずに昨日、ガーゼを取り換えてもらいに病院へ。
写真 2.JPG
まあ、何の問題も無くスナッチは出かけられて嬉しそうだった。
元気が無い様に見えたのも、
抗ヒスタミン剤の影響で眠気に襲われていたのではないか?っと
自分と同じ薬を飲んでいる事に気づいた相方、
たぶんその可能性が高いだろうっと言う話になった。

まあ、空騒ぎで済んで何よりだ。

昨日換えたのに、また今日も…っと思っていたら、
テーピングもガーゼも無し、ここからは傷口を乾燥させていくようだ。

病理検査の結果はグレード1、腫瘍としてもまだ初期で悪性度も低く
転移、再発の可能性もほぼ無いだろうとの事。

あとは手術の傷が治りさえすれば、今回の治療は完了。
よかった、よかった。

まだ、手術後が生々しい。

写真が生々しいので、興味のある方のみ〈続きを読む〉からご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------
中略
-----------------------------------------------------------------------
これで、15歳位までは機嫌良く過ごせるかな?
人間に比べると短い命、プレお別れ会の演習になった気がしている。
でも、まだまだ、早すぎるよスナッチ。
もっと、もっと、笑わせてからにしてよな(笑。
写真 1.JPG
飼い主もだけど、それ以上にバレさんが、がっくりしてしまいそうだな。


続きを読む(生々しいのでご注意を)


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます