SSブログ

術前検査、そしてまた、スナッチが [白内障]

初めに行った、病院へ術前検査(麻酔前全身スクリーニング検査)へ行ってきた。
結果は良好、何も問題は見つからなかった。
心電図か、心臓エコーっと選択の部分もあったので、検査費用は2万4千円程。

そして、網膜電図検査(検査費用は2万9千円程)も問題も見つからず終了し、
いよいよ、来週月曜日の手術に挑むことになった。
IMG_6754.jpg
(バレの術前検査を待つ間に根岸森林公園で散歩)

成功率が90%(結構高いと思うのだが)ってこともあり病院側のリスク回避の為か、
万が一、いやいや10%から始まるいろんなリスクの説明。
はっきり言って、上手くいかない場合こんな自体も考えられますという、
ネガティブなケースの説明、処置方法、手術、入院の説明に、
ちゃんと向き合って聞き、不明、疑問点は確認しながら30分程度説明を聞かされた。
そんな事は起こらず、無事何事もなかったかの様に、早く過ぎ去って欲しい時間。

こんな小さい体で、飼い主も体験した事のない手術。

↓これと同じ手術らしい
(気持ちの良い動画ではないので見るのはご注意を)

頑張れ!バレ!
入院期間は3〜4泊。
バレは、仕事場が別の場所だった時から、ずっと連れまわしていた為、
飼い主(相方も含め)から、離れた事が無い。
しかも、僕がトイレに入るとドアの前で張り付いていたりする、ちょっと分離不安気味なところがある。

術後の入院生活が一番心配だったりする。
飼い主も太陽のように明るいバレの屈託の無い笑顔が、数日見れ無いと思うと寂しくってしょうがない。

全て、あっと言う間に過ぎ去って欲しい。

無事を祈って、バレの為にお守りを買った。
IMG_6779.jpg

そしたら、スナッチの分は?って。
スナッチはスナッチで、なんだかバレばかり病院へ行くので、負け無いように頑張ったのか…。
足に、コブを作っていた(大汗。
IMG_6724.jpg

場所と触った感じから、肥満細胞腫では無いと直感で感じたが、
自己判断では仕方が無いので、病院へ。
気がついたのは昨日、ここ2〜3日で出来たのではないかとの飼い主の主張に、
先生は、検査後急に出来たにしたら、炎症が治まっているとの疑いの眼差し…。
肥満細胞腫では無いようで、取り敢えず、抗生剤を飲んでコブの成長・治癒を見守ろうという事になり、
面倒な事に、スナッチもしばらく通院する事に(苦笑。
まあ、命に関わら無いので幾分気楽ではあるのだが…、今このタイミングでなくても…。

先生の指摘に写メを振り返って確認してみたら、
IMG_6410.jpgIMG_6492.jpg
9月11日の時点ではコブは無し(もしくは小さい)だが→9月23日の写真でしっかりコブになっていた(大汗。
ちょうど、バレの目に気づき眼科検診の予約を入れ、白内障等をいろいろネットで調べていた頃で、
すっかりスナッチノーマークだったのかも…。
IMG_6698.jpg
お前ら、頑張って良くなるんだよ!



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます