SSブログ

肥満細胞腫の逆襲。【肥満細胞腫再発/その2】 [肥満細胞腫]

ステロイドを投与しながら、毎週チェックに通院。

2週目すっかり小さくなり、医師もこのくらいになれば全摘は無理でも90%程度は取れるかも。ただ、外科手術にせよ放射線治療にせよ、スナッチ14歳4か月、体への負荷はなるべく避けたい、内臓や他の部位への転移は今のところ見られないし、前回の肥満細胞腫の病理結果はそれほど悪性腫瘍ではなかったこともあり、このまま治ってくれないかと淡い期待と、ステロイド投与だけで抑えが効いたのでちょっと油断してしまい。

そのまま、ステロイド投与だけでしばらく様子を見ていると1か月を過ぎた頃、肥満細胞腫が反撃を始めた。


前回腫れていた以上に腫れてしまい。


2018年5月24日
放射線治療の予約を入れ日大藤沢へ。


↓猫や犬の癌に放射線治療が受けられる全国の動物病院まとめ!
https://uruurumi.com/2016/12/15/houshasen-clinick/

(無断リンクごめんなさい)


放射線科の診断を受けたが結局、腫瘍が大きいのと、まだ体調が悪くなっていないことから、放射線を当てる前に、外科手術で腫瘍を除去できるだけ除去してから放射線治療した方が良いだろう。ただ、日大の方では外科医が学会に参加中で2週間後以降でないと戻ってこないらしい。

診察後、そのままホームドクターへ駆け込み、最短で出来る外科手術日を設定してもらった。


2018年5月30日
取れるだけ、取る手術を決行。

取れるだけ取って、検体検査へ出し、数日後聞かされた結果は最悪のグレード3
分子標的薬も効果が期待できない陰性。

ステロイドが効いてホッとしていたところから、一気に末期ガン患者に一変してしまった。最悪なことに、手術は一番腫れている時に施術したこともあり、術後の経過も芳しくなく、手術痕も膿が出てなかなか治らない。


(患部の写真もアップしてあるので観閲にはご注意ください。)
手術した次の日にお見舞いに行った時

IMG_1504.JPGIMG_1514.JPG
入院2日目
IMG_1556.JPG
退院後(術後5日目)
膿が出てきて傷口が開いてしまった(大汗。
IMG_1596.JPG
結果、いびつな形になりながら膿が出きって傷口が徐々に塞がっていく。
IMG_1612.JPGIMG_1625.JPG
せめてもの救いは、まだ、肥満細胞腫による全身症状が出てなく。
お尻が腫れて、手術跡がなかなか治らず散歩に行った後は消毒し、傷のガード&舐めさせないようにオムツ姿なのだが、スナッチ自身は元気なのが救いだった。

外科手術による治療はこれが限界、ここからは抗がん剤と放射線治療(この時点ではまだ迷っていたが)しか残されていないようだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます