SSブログ

久々の更新、大変だ!バレの左目 [白内障]

FB、インスタ、LINE、それにfimo(釣りのSNS)自身すっかり、blogを見にいくことも無くなった。

だけど、同じ不安を持つ誰かの気休めになれば…っと、
スナッチの肥満細胞腫の手術の過程を伝えようと久々のブログの更新、
思いの外、順調に事が進み、無事回復なので大して内容はなかった。

安心仕切っていたところに、今度は、バレ。
6歳10ヶ月前にして、まさかの成熟白内障の宣告。

8月も終わりそうなある日、ふと、バレの左目がスナッチよりも白く濁っている事に気がついた。
IMG_6366b.jpg
不安になり、スナッチの白内障がこれから進んでいきそうな12歳の目と比較、
左目だけだし年齢的に核硬化症では無いか?
いやきっとそうだ、物にぶつかったり日常生活で変調も感じられない。

ふと、フリスビーで遊んでいる時、なんだろ〜こいつ左に落ちるディスクはうまく取れないな…。
そもそも、右投げのディスク、左にふらっと落ちるのは投げミス
もしくは、風に煽られたイレギュラーな動き。
思い込みかな、右に振り返っていてそのままポール等にぶつかる事もよくあったが、
バレって一つの事に集中すると他が見えなくなるってか、気になら無くなるというか、
すごく集中力が高いと言えば高いし、なんか一つの事しか考えられない不憫な子。

いつからなんだろ?この白濁した左目。

iPhoneに入っている写真を検証してみたら、今年の5月頃にはなんだか怪しい感じの左目。
でも、ここまで白濁していなかったと思う、
きっと違和感を感じるほど白くなってきたのは最近な気がする。
スナッチが手術した病院は、月曜だけ眼科検診があるので電話し10日後位の予約が取れた。

また、心配性な飼い主さんだね、大げさに…って感じを願っていたのだが、
なんだか深刻な感じの説明、
左目、成熟白内障で、右目も白内障になる可能性がある兆候がみられるらしい。
現状、左目はあまり見えていないのでは無いか、
6歳10ヶ月今後の生活の事を考えると早めの手術を考えたほうが良いのでは…との事で、
眼科専門病院での手術を前提に詳しい再検査
→麻酔の耐性チェック
→水晶体を抜き取り、人工の水晶体を入れる手術
→成熟(4段階のレベル3)白内障まで進んでいるので術後合併症のリスク有り
って事を説明されたのだが、全然受け入れられない飼い主。

1日じっくり考え、命には別状はないのだが、飼い主自身が経験した事も無い
なんだか頭がついていか無い感じの手術。
眼科の専門医とはいえ、100%成功が約束される手術では無いらしく、
信頼のおけるところで施術した方が良いと思うっと東京ではここ、
そこにいた先生が独立開業した病院が横浜に、このどちらかが安心だと思うだけど100%では無い。

予約を取るのも憂鬱なのだが、手術するし無いに関わらず、早めの診察を勧められていたので、
横浜の病院へ電話し、また2週間先で(予約の間に入れてもらう形で)
なるべく早い時期の診察予約が取れた。

これから、バレの白内障との戦いが始まる。
また、スナッチの時のように大して困難もなく、
無事何事もなかったように過ぎ去っていく事を今は祈るばかり。









nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます