SSブログ

術後チェック-1 [肥満細胞腫]

土曜の午後1に手術して、日、月っと丸2日しか経ってないけど…。
随分、表情に余裕が出て来たスナッチ。
犬の回復力ってか、痛みの対しての強さには驚きを覚える。
写真 1.JPG
起きたら、無意識に伸びをしようとするので、
スナッチ、それ辞めとき〜、痛いよ〜!って注意すると
あっそやった!って感じで、途中で辞めるのだ(笑。

バレには話しかけてもほぼ通じている気がしないが、
スナッチは、70〜80%以上話が通じている様な気がしている。

付き合いが長いのもあるが、話の内容が、都合の悪い事だったりすると、
聞こえないふりや、解らないふりまでする。

なので、スナッチ今動き回ると傷口がパカって開いて、また、痛い思いするぞ〜、とか、
我がまま言いだすと、痛いとこ抑えるぞ〜って脅したりしている(笑。

随分、話が脱線したが、今日、術後チェックに行って来た。

結果は、まあ、良好らしいのだが、病理検査の結果も出てくるので、
念のため木曜にもう一度見せて欲しい。って事に。

多分、あまり痛がったり、気にしていないのが懸念材料の様だ。

若干、緩めのテーピングにはなっているが、
ずれない様に、片方の肩にまわされテーピングされていたのが、
両肩にタスキがけ状態で帰って来た(苦笑。

写真 3 のコピー.JPG
半ミイラ状態やん(笑。


肩にかかったテーピング部が痒いのか足で掻こうとして注意されている。
写真 2.JPG

きっと、全部取りきれているのでは…っと、獣医もこちらも思っているのだが、
検査結果が良好な事を今は願うばかりだ。

スナッチの回復具合を見ている限りでは、大丈夫だとは思っているが。

写真 2 のコピー.JPG
バレはすっかり、いじけ気味だ(苦笑。




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

無事手術からなんだか元気が… ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます